通販サイト制作

商品をインターネットで販売してボロ儲けしたい!っと言うあなた!
インターネット通販は、そんなに甘くないのです。
ボロ儲けする為には、幾つもの試練をくぐり抜ける必要があります。
その試練をくぐり抜けてこそやっとスタートラインに着き、そこからが本当のスターです。インターネット通販に2000年以前より経験のあるWebFactoryでは、スタートラインに着くまでのお手伝いと、売上げアップの為のお手伝いをさせて頂いております。

商品によって、出店するショッピングモールとの相性などもあります。
例えば、商品のこだわりを売りにするのであれば「店長で売る楽天市場」、商品の価格ではどこにも負けないなら「価格で売るYahooショッピング」、ブランド品の品揃えに自信があるなら「ブランドで売るAmazon」などなど。。。
通販での検索キーワードトップクラスにある最重要キーワード「送料無料」
もしそのキーワード「送料無料」に便乗するなら、運賃交渉は最重要の1つです。運送会社への交渉方法やコツを知らないと損するかも?
決済方法は一般的に多い方が良いとされてます。その中でも「カード決済」「後払い決済」などは、重要です。
でも、どう契約して、どう処理をしたら良いのか?一般的な方法から、手間のかからないちょっとしたコツなどを知れば、不安も無くなります。
販売用ページは、売上に直結する大切なアイテムです。食べ物なら「美味しいです・安全です」と沢山かけば売れた時代もありました。
その影響で、どの食品販売ページも同じような事書いてますよね?
今は、1ランク上の美味しさ安全性を伝える方法が、旬になっています。
その旬な情報をいち早くページに取り入れてホームページを制作するのがボロ儲けの近道です。
インターネット通販において、広告は必須です。
但し、やたらめったら広告費をかけるのは勿体無い!折角の広告費はより効率よく、費用対効果を緻密に考えるべきです。
広告からの購入が何%で、リピート率が何%で、回収までの期間は?これってリアル店舗で広告を出す場合も同じですよね?
インターネットだから、ほっとけば売れると言う考えはNGです。
インターネットで販売すると言うことは、対応は電話よりメールが圧倒的に多くなります。
基本的なメールの書き方大丈夫ですか?お友達に出すようなメールでは失礼っと言うことは分かりますよね?
メール1つで、次のリピートが決定したりする大事なツールです。
商品だけダンボールに入れて発送すると言うのもちょっと味気なく、添付物として納品書だったり宣伝用広告だったり、アンケート用紙だったり同梱したいですよね?
では、何をどうすればリピーターに繋がるのか考えて行ければ売上も上昇するはずです。
梱包方法も「ダンボール?」「簡易梱包?」、最近過剰梱包で評価が下がると言うのも、一般的になっていますので色々考えますよね。
クレーム対応は、今後の店舗運営を大きく左右しますし、売上げアップの切欠にもなります。
しっかりとしたクレーム対応とはどんな事をすれば良いのでしょうか?長年の通販サイト運営経験から、例を元に最適な対応を導き出すことが大切です。
個人情報とは?解りますか?メールアドレスが個人情報と思ってる方もいますか?「メールアドレス」個人情報の一部として考えれますが、まず個人情報の正しい認識と共に、情報の流出をどうしたら最小限に防げるのかを考える必要がります。
個人情報の保護は、ズバリ個人情報を扱う担当者のセキュリティ知識などが一番大切です。
旬なセキュリティ情報の収集と早めの対策、セキュリティ意識のトレーニングなども身につけましょう。
売上げアップのためには、色々なスキルと行動力、気合とセンスが必要です。良い商品なら放っておいても売れる時代は終わりました。
これから大切になってくるのは「付加価値のグレードアップ版」です。

今までの「付加価値」とは、商品価値以外にオマケが入ってて、「やった儲け〜」や、「店長からのフォローが親切で気持ちいい〜」と言う購入者自身の付加価値です。

「付加価値のグレードアップ版」とは、
「購入すると何だか自分の周りの人が笑顔になりそう」
と言う事がキーワードになります。

今、まだ、FacebookなどSNSは元気ですよね。
購入して、Facebookなどで公開して「いいね」を沢山もらって、コメントがたくさん入って気持ちは豊かになる時代です。

今の時代にあった、旬な販売方法を実行してこそ、「ぼろ儲け」に近づくと思えませんか?